スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

無断転載禁止 引用時には出典を明記の上、記事に直接リンクを張って下さい。
詳細はお問合せ下さい。
Copyright(C) Doughnuts.JP, US万次郎. 2009-2011. All Rights Reserved.

--/--/--(--) | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

★ 全米・カナダ邦人安否確認システム

 北米で緊急事態が発生した際に在留邦人の安否確認ができるシステム「全米・カナダ邦人安否確認システム」(Emergency Information Service System:EISS)が2006年9月8日からスタートしました。


 このシステムは、対象地域(ハワイ、グアム、サイパン、プエルトリコ、米領バージン諸島を含む全米とカナダ)でテロや自然災害などの大規模な災害が発生した際に、電話を介して海外在住者や旅行者が安否のメッセージを日本の家族や関係者に伝えられるというもの。普段は使えませんが、日本人が巻き込まれた可能性のあるテロや天災が北米で発生した際に稼働します。

 アメリカかカナダでの災害時に日本の家族にメッセージを伝えたい場合、以下の電話番号にダイヤルし、音声指示(日本語/英語)に従って名前と30秒以内のメッセージを録音して、パスワードとして本人の電話番号(海外または国内の自宅)と生年月日を入力します。

全米・カナダから(通話料無料)
 1-866-903-2674(ANPI)
 1-866-904-2674(ANPI)
 1-866-905-2674(ANPI)

その他の地域から、または上の3回線が使えない場合(通話料有料)
 1-718-313-9150

 安否メッセージを確認したい方は、上の同じ電話番号に電話してパスワードを入力すれば録音されたメッセージを聞くことができます。メッセージの再生は日本、全米、カナダ、諸外国、どこからでも可能です。また、大使館や総領事館からの危険情報などのお知らせを聞くこともできます。

 詳細は、外務省の海外安全ホームのページをご覧下さい。
 「全米・カナダ邦人安否確認システム」
 http://www.anzen.mofa.go.jp/anzen_info/anpi_sys.html 



☆ 現在、アメリカ全土とカナダには約40万人の日本人が在留し、アメリカだけで年間317万人の旅行者がいるそうですが、このような海外にいる邦人の安否確認システムはこれが初めてだそうです。

 アメリカ・カナダに在住の方や旅行される方、それから、日本のご家族の方々にこの新システムを教えて差し上げてください。


<参考書籍>
海外出張・駐在する人のためのまんが海外危機管理入門




にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ ← 今日もポチッと 1クリック、お願いします!
にほんブログ村

スポンサーサイト

無断転載禁止 引用時には出典を明記の上、記事に直接リンクを張って下さい。
詳細はお問合せ下さい。
Copyright(C) Doughnuts.JP, US万次郎. 2009-2011. All Rights Reserved.

2009/08/21(金) | 安全 | トラックバック(0) | コメント(0)

★ 緊急時には911、でもあまり急がないときには....?

 日本の110番や119番に相当するアメリカの番号は「911」です。

 「911」は、警察、救急車、消防車を呼ぶ必要がある場合、つまり、危険な事態が今まさに進行中の場合や命にかかわる状況で使います。


 緊急でないとき、例えば、盗難や空き巣に入られたことに気づいたときや自動車事故の報告、近所の苦情処理などは、地域の Police Department に電話をすることになります。電話番号は「×××-○○○○」といった普通の7桁の番号です。


 電話帳を開くと、緊急時の連絡先をまとめた「Emergency」というページ「Non-Emergency Numbers」という項目がまず最初にあります。それに並んで、各地域の Fire Department や Ambulance、Police Department の番号が見つかると思います。

 緊急通報先のページには、その他にも毒物誤飲やレイプ、ガス漏れ、家庭内暴力など、専門家の助けを求められる緊急用や相談窓口の番号がいくつも載っています。一度目を通して、どんな連絡先があるか知っておくといいですね。


☆ あたくし、アメリカに渡って間もない頃に、緊急でない用件で911に電話して、キビシクお叱りを受けた事がございます。(恥)

 アパートの駐車場に駐めていた車の窓が割られて車内が荒らされたときのことでした。

 オペレーターが出る前に、これは911にダイヤルすべきではなかったのだと気づいて受話器を置きましたが、すぐに電話のベルが鳴って「発信が途切れたが大丈夫か?」と911のオペレーターからお電話を頂戴いたしました。

 ......そりゃそうですよね。電話が途中で切れれば、急病で力尽きたとか侵入者に電話を妨害されたとか、もっと緊迫した状況が想定されますから。

 オペレーターのお姉様。知らなかった事とはいえ、本当にゴメンなさい。もう二度としません。m(_ _)m  


にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ ← 今日もポチッとクリックありがとう!
にほんブログ村

無断転載禁止 引用時には出典を明記の上、記事に直接リンクを張って下さい。
詳細はお問合せ下さい。
Copyright(C) Doughnuts.JP, US万次郎. 2009-2011. All Rights Reserved.

2009/10/02(金) | 安全 | トラックバック(0) | コメント(0)

★ Q:アメリカで地震が一番多い州は?最大の地震はどこで?

 日本は言わずと知れた地震が多い国で「地震列島」とはよく言ったものです。一方、アメリカはといえば........ ええ、もちろんアメリカ大陸にも地震はあります。

 アメリカ本土で、今後50年以内に10%以上の確率で地震災害が起こるとされる地域を示した「地震マップ」がこちら。色が濃い所ほど、大きな地震がくる可能性が高い地域です。

 http://www.weather.com/safeside/earth/earth_map.html


 さて、ここでクイズ。

【Q1】 アメリカで一番地震が多い州は?

【Q2】 アメリカで一番大きな地震があった場所は?



 アメリカで地震が頻発する地域は、ロッキー山脈の西側。地震と言えば、アメリカ人でさえほとんどの人がカリフォルニア州が1番だと思っているでしょう。でも、回数が一番多いのは、実はアラスカ州です。


 一方、北米史上最大規模の地震はというと、トップ3の地震が3つともずっと内陸のミズーリ州 New Madridで起きてます。

 1811年と1812年のことで,推定マグニチュードは 7.2-8.3。加えて被害を伴う余震が203回、液状化現象も起きたそうです。震源のNew Madrid 断層は、イリノイ、インディアナ、ケンタッキー、ミズーリ、テネシー、アーカンソー、ミシシッピーの7州にまたがる大断層です。



☆ 規模や頻度に差はあれ、地震は全米どこでも起こる可能性がある災害です。

 アメリカ各地での非常時の対応や日々の備えについての情報は、州や街のEmergency Management Agency (EMA 緊急時管理局)に集められています。在米の方は、Yahoo.com で「地名」+「EMA」 で検索して確かめてみるといいですよ。  


こちらの大学に勤めていた頃、職員は安全講習会への参加が義務づけられていたのですが、その項目の中に「地震」に関する講習会もありました。

1時間ばかりレクチャーを聴くのですが、講師が参加者に向かって「地震を経験したことがある人は?」と質問する場面があって、地震を経験したことがない人も居るということにカルチャーショックを受けました。

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ ← 今日もポチッとクリックありがとう!
にほんブログ村


無断転載禁止 引用時には出典を明記の上、記事に直接リンクを張って下さい。
詳細はお問合せ下さい。
Copyright(C) Doughnuts.JP, US万次郎. 2009-2011. All Rights Reserved.

2009/10/27(火) | 安全 | トラックバック(0) | コメント(0)

★ タイマーで強化する自宅の防犯

 夜、暗くなっても電気が点かない部屋は、「只今、留守です」 と世の中に宣言しているようなもの。

 窓辺に置いた小さな電気スタンドに簡単に取り付けられるタイマーをセットして、帰宅前や旅行中でも、暗くなる時間になったら自動的に明かりが点くようにしておくと防犯に有効です。

 例えば、こんなタイマーがあります。
 http://www.heatershop.com/images/timer_switch_big.jpg

 写真のタイプだと、電源をオンにしたいタイミングとオフにしたいタイミングを、赤や水色の小さなピンを差し込むことで設定できます。デジタル式の物もあります。

 価格帯は$6台から$20~30まで、色々なタイプのタイマーが見つかります。

 こちら、アマゾンで「Appliance timer」で検索した結果です。


☆ 防犯は小さな工夫と習慣、心がけの積み重ねが大切です。$10のタイマーを一つ買って、電気スタンドのコンセントに取り付けるだけ。たったこれだけの事で安心して家に戻れるなら、お安い物です。


にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ ← 「アメリカ情報の人気ブログランキング」へGO!
          お気に入りブログを見つけて下さい。 (^^)
にほんブログ村




  US万次郎「アメリカのアパート検索」
      http://usmanjiro.web.fc2.com/apartments/index.html
       アカウント作って物件検索
        ↓
       入居が決まれば $100 プレゼント!
   US旅次郎「ホテルの検索・予約」
      http://usmanjiro.web.fc2.com/tabijiro/ 





無断転載禁止 引用時には出典を明記の上、記事に直接リンクを張って下さい。
詳細はお問合せ下さい。
Copyright(C) Doughnuts.JP, US万次郎. 2009-2011. All Rights Reserved.

2010/01/12(火) | 安全 | トラックバック(0) | コメント(0)

★ 大学キャンパス、夜の一人歩き

 この夏や秋の新学期から、留学や研究でアメリカの大学で新生活を始める方も少なからずいらっしゃることでしょう。アメリカ生活を始めたばかりの方にとっては、日々の安全は特に気にかかる問題のはず。


 特に夏が終わって冬に向かう季節は、夕暮れが日増しに早くなります。更に追い打ちをかけて、Daylingt saving time(夏時間)が終われば、夕方はあっという間に暗くなってしまいます。


 そして、暗い時間の一人歩きは、男女を問わず不安と危険がつきものです。大学などに通学、通勤している方は、キャンパス内に 夜間のエスコートサービスがあるかどうか、学内のセキュリティーオフィスのサービスを調べてみましょう。


 エスコートサービスは、キャンパス内の建物の間や、駐車場まで移動する時など、警備員さんのドアツードアの付き添いを電話で依頼できるというものです。

 ボランティアの学生さんの二人組がエスコートしてくれるという場合もあります。大学によっては、キャンパス周辺の自宅までエスコートしてもらえる場合もあります。

 もちろん、女性だけでなく、男性も利用できます。要チェック!


☆ 日本なら経費とエネルギーの節約の為にせっせと部屋や廊下の電気を消しますが、アメリカの大学など公共の建物は夜通し照明が点いていることが多いです。防犯のためのコストなら惜しくないというわけでしょう。






にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ ← お気に召したら、

にほんブログ村  ポチッとクリックお願いしますね!(^^)/


国産のお肉をガッツリ食べて、日本の畜産を応援しよう!

焼肉パラダイスs
肉通販ショップはじめました! 
¥8,000以上のお買い上げで送料無料!   (^_^) ヤッタァー
普段使いのお肉、焼肉パーティー、お中元にも!





 
 
US万次郎「アメリカのアパート検索」
      http://usmanjiro.web.fc2.com/apartments/index.html;;
       アカウント作って物件検索
        ↓
       入居が決まれば $100 プレゼント!







無断転載禁止 引用時には出典を明記の上、記事に直接リンクを張って下さい。
詳細はお問合せ下さい。
Copyright(C) Doughnuts.JP, US万次郎. 2009-2011. All Rights Reserved.

2010/08/04(水) | 安全 | トラックバック(0) | コメント(4)

地震情報リンク・海外からもアクセスできる

Shaw CableTV(バンクーバー、カナダ)にて、TV Japanを未契約でも1週間、無料で視聴できます。channel:514(デジタルのみ)


Save Japan
被災情報総合サイトがたちあがりました。
地域別に情報が整理されています。
http://savejapan.simone-inc.com/


オフィシャルのユーストリーム配信。

TBS
http://www.ustream.tv/channel/tbstv

NHK総合
http://www.ustream.tv/channel/nhk-gtv2#utm_campaign


NHKラジオのストリーミング
http://www.nhk.or.jp/r-news/

Googleによる災害情報をまとめたページ
http://www.google.co.jp/intl/ja/crisisresponse/japanquake2011.html



以下、MIXIより転載

通信各社の災害用伝言板は以下の通り。

【関連記事:「災害用伝言板」横断検索、携帯・PHS各社が導入へ】

▼NTTドコモのiモード災害用伝言板サービス
http://www.nttdocomo.co.jp/info/notice/page/110311_01_m.html

 伝言板にメッセージ登録が可能なのは青森県、秋田県、宮城県、山形県、福島県。

 PCからメッセージを確認する場合はhttp://dengon.docomo.ne.jp/top.cgi

▼KDDIの災害用伝言板サービス

 EZWEBトップメニューかauoneトップから災害用伝言板へ。

 安否情報の確認はhttp://dengon.ezweb.ne.jp/

▼ソフトバンクモバイルの災害伝言板
http://mb.softbank.jp/mb/information/dengon/index.html

 Yahoo!ケータイの災害用伝言板メニューかMy Softbankからアクセス。

 安否情報の確認はhttp://dengon.softbank.ne.jp/

▼NTT東日本
http://www.ntt-east.co.jp/saigai/index.html

 災害用伝言ダイヤル「171」と災害用ブロードバンド伝言板「web171」。

▼ウィルコムの災害用伝言板
http://www.willcom-inc.com/ja/dengon/index.html

 ウィルコム端末からのアクセスはhttp://dengon.clubh.ne.jp/

 他社携帯やPCからのアクセスはhttp://dengon.willcom-inc.com/

▼イー・モバイルの災害用伝言板
http://emobile.jp/service/option1.html#saigai

 アクセスは、ブックマーク(お気に入り)→EMnetサービス→災害用伝言板→災害用伝言板トップページ。

 安否確認はhttp://dengon.emnet.ne.jp/



以上、ブログ「お父さんの台所
地震情報リンク・海外からもアクセスできる”より、著者の許可を得て転載。


無断転載禁止 引用時には出典を明記の上、記事に直接リンクを張って下さい。
詳細はお問合せ下さい。
Copyright(C) Doughnuts.JP, US万次郎. 2009-2011. All Rights Reserved.

2011/03/11(金) | 安全 | トラックバック(0) | コメント(0)

 |  HOME  | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。