スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

無断転載禁止 引用時には出典を明記の上、記事に直接リンクを張って下さい。
詳細はお問合せ下さい。
Copyright(C) Doughnuts.JP, US万次郎. 2009-2011. All Rights Reserved.

--/--/--(--) | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

★ ゴーストタウン

 時代にも運にも人にまで見捨てられ、広大な原野や山の中で時間が止まってしまった町が、全米各地にいくつもあります。…ゴーストタウンです。

 かつてはそれなりに人が住んでにぎわった町がゴーストタウン化する理由は、例えば戦争であったり干ばつや洪水などの天災の被害であったり、または炭坑町などが事故や経済的な問題で生活が立ちゆかなくなって、人が去り廃れてしまう場合などがあります。

 また、有名な「ルート66」に沿って栄えていた町が、インターステートハイウェイ網の完成により交通の流れが変わって、ゴーストタウン化した例もあります。NASAのスペースセンターをつくる広大な敷地を確保するために、政府が土地を没収し住民を立ち退かせたのが原因で、ゴーストタウンになった町もあります。ダムの底に沈んだ町もあります。

 こちら、そんな北米の(特に西部の)ゴーストタウンをまとめたサイト。写真も豊富です(Virtural Museumのリンクをクリック!)。サイトを作った方は、町のたたずまいよりも古い道具や機械設備などに興味があるようで、そんな写真が多いです。

 http://www.ghosttowns.com/

 西部開拓時代を思わせる古い町のたたずまいや数十年前に時代遅れになったような錆びた機械や工具類などが無造作に放置されているゴーストタウンは、どこか人を惹きつける魅力があります。ですから、観光地化しているゴーストタウンも結構ありまして、「ゴーストタウン」の割には意外と人が居たりします(笑)。日本からのツアーではなかなか訪ねることができない密かな観光地です。

 http://www.ghosttowns.com/guidedtours.html


☆ 特にゴーストタウンが多いのは、西部の大平原や炭坑があった地域。例えば、カンザス州には、6000以上の見捨てられた町があるそうですよ。時代や経済の発展の中心が移るにつれて、人がどんどん移動していったんですね。もっと写真を見たい方はこちらをどうぞ。

 http://www.monument-gallery.com/GHOSTTOWNS/ghosttowns.html
 http://rhythmontherock.com/bodie_1.html



にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ ← 今日も読んだら"クリック"!
にほんブログ村

無断転載禁止 引用時には出典を明記の上、記事に直接リンクを張って下さい。
詳細はお問合せ下さい。
Copyright(C) Doughnuts.JP, US万次郎. 2009-2011. All Rights Reserved.

2009/08/04(火) | 旅行・観光 | トラックバック(0) | コメント(0)

«  |  HOME  |  »

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
http://usmanjiro.blog72.fc2.com/tb.php/10-baf1a723
 |  HOME  | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。