スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

無断転載禁止 引用時には出典を明記の上、記事に直接リンクを張って下さい。
詳細はお問合せ下さい。
Copyright(C) Doughnuts.JP, US万次郎. 2009-2011. All Rights Reserved.

--/--/--(--) | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

★ 何でこんなに多いの!?おもてなし料理の量

 アメリカのレストランでは、とても一人分とは思えないような量の料理がでてきます。パーティーなどでも、パーティー2回分はあろうかという料理が用意されることもあります。

 これは別に、アメリカ人は体が大きくて大喰らいだから、というわけではないんですよ。この量の多さには、ヨーロッパ人も驚くようです。

 アメリカ人のおもてなしの心としては、皆が充分に食べられるだけの量の料理を用意するのが何より大切。皿が空になることがあっては、もしかしたら料理が足りなかったのかもしれない、と思うわけです。ですから食べきれないのは承知の上で、たとえ無駄になっても沢山料理を用意する「習慣」......ということのようです。


☆ かれこれ10年以上前、私がアメリカで就職する際、面接の為に日本からテネシーに行った時のことです。現地に到着すると、まずボスにランチに連れ出されました。彼はアメリカ人ながら非常に日本ツウでした。

 日本では出されたものを残さず食べるのがお作法だということも知っていたものだから、山盛りの皿を平らげる勢いだった私に「アメリカでは食べきれない量を出す習慣なのだから、全部食べなくてもいいんだよ」と言ってくれました。

 だけど、私は‥‥‥‥単に大喰らいだっっただけなんですけどね。(*^.^*)


にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ ← 今日もポチッとクリックありがとう!
にほんブログ村


無断転載禁止 引用時には出典を明記の上、記事に直接リンクを張って下さい。
詳細はお問合せ下さい。
Copyright(C) Doughnuts.JP, US万次郎. 2009-2011. All Rights Reserved.

2009/10/21(水) | 食生活 | トラックバック(0) | コメント(0)

«  |  HOME  |  »

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
http://usmanjiro.blog72.fc2.com/tb.php/104-d7e6e779
 |  HOME  | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。