スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

無断転載禁止 引用時には出典を明記の上、記事に直接リンクを張って下さい。
詳細はお問合せ下さい。
Copyright(C) Doughnuts.JP, US万次郎. 2009-2011. All Rights Reserved.

--/--/--(--) | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

★ 残り物のゆくえ

 パーティーやレストランで食べきれずに残った料理はどうするのでしょう?往々にしてゴミ箱行きなのですが‥‥。


 レストランなら、食べきれない分はお店の人に頼むとお持ち帰り用にプラスティックの箱を持って来てくれたり、店員さんが料理を箱に詰めて持って来てくれたりします。お家でもう一回料理を堪能できますから、ぜひお試し下さい。

 仲間内のくだけたパーティーなら、使い捨てのタッパーやお皿に残り物を入れ皆で分けて持ち帰ることが多いです。


 料理を持ち帰らないようなフォーマルなパーティーやレストラン、バフェなどでは、保存ができない残った料理は「Feeding America」というボランティア組織(以前は、America's Second Harvestと呼ばれていました)を通じて寄付され、十分な食事を取れない状況の人達にその日のうちに分配する活動「Food rescue」があります。

 Feeding America について、詳しくはこちらをどうぞ。
 http://feedingamerica.org/




☆ Feeding America では他にも、保存が利く食べ物を個人などから寄付として集める「 food bank 」というプロジェクトもあります。

 例えば、スーパーマーケットに、寄付用の食品を入れる箱がおいてあることがあります。
お買い物ついでに、買ったばかりの缶詰などをポイと箱に入れるだけで気軽に簡単に寄付ができます。

 また、食品産業や小売り店などを経由して寄付を募る the flow of food といった、飢えた人を救う幅広く様々なプロジェクトを運営しています。

 Feeding Americaではお金や食べ物の寄付だけでなくボランティアも募集していますから、あなたにも出来る何か簡単なことが見つかるかもしれませんよ。


にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ ← 今日もポチッとクリックありがとう!
にほんブログ村


無断転載禁止 引用時には出典を明記の上、記事に直接リンクを張って下さい。
詳細はお問合せ下さい。
Copyright(C) Doughnuts.JP, US万次郎. 2009-2011. All Rights Reserved.

2009/10/22(木) | その他 | トラックバック(0) | コメント(0)

«  |  HOME  |  »

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
http://usmanjiro.blog72.fc2.com/tb.php/105-ae9e112f
 |  HOME  | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。