スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

無断転載禁止 引用時には出典を明記の上、記事に直接リンクを張って下さい。
詳細はお問合せ下さい。
Copyright(C) Doughnuts.JP, US万次郎. 2009-2011. All Rights Reserved.

--/--/--(--) | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

★ 「Halloween 」の語源は「○○○○○イブ」!?

 11月1日はAll Saints' Day(諸聖人の祝日)。全ての聖人を記念するローマカトリック教会の祝日なのですが、古くはAll Hallows Day と呼ばれていました。そしてこの前夜、10月31日の晩が皆さんよくご存じハロウィーンです。

 そもそも「Halloween」という言葉は、この 「All Hallow's Eve 」が縮まって訛ったのが由来なのだそうですよ。


 ハロウィーンの習慣のルーツは、キリスト教以前のヨーロッパの土着信仰にあると言われています。

 今でこそハロウィーンはカボチャと仮装、Trick or Treat の子供達の無邪気なイベントですが、その歴史は死者と悪霊、闇と恐怖、そういったものの文化の融合と変遷の歴史でもあるのです。


 現在では教会でも子供達のためのハロウィーンイベントを催すようになっていますが、元々、ローマカトリックはこういった土着の信仰や祭りを教会の祝日に置き換えて支配力を強めようという意図で聖人の記念日 "All Hollows Day"(All Saints' Day) を設けた経緯がありました。

 しかし、これがかえって「Halloween」の語の由来になるとは...。なんとも皮肉なものです。



☆ アメリカでは、ハロウィーンがヨーロッパの古い伝統を受け継ぐ、いかに歴史ある行事であるかが繰返し語られます。でも、カボチャで作るジャコランタンと黒とカボチャのオレンジ色に彩られるハロウィーンは、完全にアメリカのオリジナルスタイル。

 お隣のカナダでさえ、Trick or Treat が定着したのは、それほど昔の事ではないそうです。近年では、商業的な後押しもあって、日本やヨーロッパにもアメリカスタイルのハロウィーンが浸透しつつあります。


昨日は、人間の頭くらいのサイズのオレンジ色のカボチャをくり抜いて、ジャコランタンを作りました。室内に置いておくと、乾燥してハロウィーン当日には目のフチやや口周りが乾燥してしわしわになっちゃうかな?.....それも、またオドロオドロしくて良いかもしれません。 ((^Δ^))
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ ← 今日もポチッとクリックありがとう!
にほんブログ村


無断転載禁止 引用時には出典を明記の上、記事に直接リンクを張って下さい。
詳細はお問合せ下さい。
Copyright(C) Doughnuts.JP, US万次郎. 2009-2011. All Rights Reserved.

2009/10/28(水) | 祝祭日・イベント | トラックバック(0) | コメント(0)

«  |  HOME  |  »

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
http://usmanjiro.blog72.fc2.com/tb.php/111-76718be7
 |  HOME  | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。