スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

無断転載禁止 引用時には出典を明記の上、記事に直接リンクを張って下さい。
詳細はお問合せ下さい。
Copyright(C) Doughnuts.JP, US万次郎. 2009-2011. All Rights Reserved.

--/--/--(--) | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

★ ハロウィーンの仮装は、いつ、どこで始まったか

 ハロウィーンと言えば、仮装した子供達のTrick or Treatと仮装パーティーですね。この仮装の習慣は、アイルランドのケルト民族に起源があるそうです。


 1年を夏冬の二つの季節に分けて考えていたケルト民族にとって、ハロウィーンは夏の季節の最後の日であり、同時に1年の最後の日でもありました。

 この日には、この1年に亡くなって肉体を失った人の魂が、翌年、自分が使う生きた肉体を手に入れるためにこの世に戻ってくると信じられていたのです。

 もちろん、生きている人間にしてみれば死者に身体を持っていかれるなんてまっぴらゴメン。ですから、10月31日の晩には村人たちは家の火を消して、家を寒く居心地悪くして、悪鬼のような衣装を着て近所を騒々しく練り歩き、肉体を求めてさまよう魂をおどかすよう出来る限りタチの悪そうな振る舞いをした‥‥と、

 これが仮装の由来なのだそうです。


☆ ハロウィーンはもっぱら子供達のお楽しみですが、いやいやどうして。大人も結構楽しんでいます。子供のTrick or Treat に同伴する時だけでなく、大人のパーティーでも「仮装で参加の事!」というパーティーは結構あります。

 こちら、かなり気合いの入った方々のパーティー
 http://www.bigredhair.com/halloween/index.html


今年、娘のコスチュームは「デビル」。黒いドレスに、ラメ入りのクモの巣柄の紫のケープを羽織って、赤い角とサスマタを持って。黒いマニキュアと黒いリップスティック。
金曜日は仮装して登校するので、前夜から爪を黒く塗って......、早速と興奮してます。((^Q^)) _↑

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ ← 今日もポチッとクリックありがとう!
にほんブログ村


無断転載禁止 引用時には出典を明記の上、記事に直接リンクを張って下さい。
詳細はお問合せ下さい。
Copyright(C) Doughnuts.JP, US万次郎. 2009-2011. All Rights Reserved.

2009/10/30(金) | 祝祭日・イベント | トラックバック(0) | コメント(2)

«  |  HOME  |  »

かえる

『ふ~ん。』

そうなんだ。
ケルト民族からの習慣って納得な感じです。

ちょっと日本のお盆ぽいのかと思ったら、体を持っていかれるとはかなり違う習慣だね。
ただ、里帰りするだけだったら仮装は生まれなかったから
ハロウィーンの習慣が出来るには良かったのか…。

夜なべしてコスチューム作ったのも今は昔…、いつかケロヨンになりたい…かも。←Tシャツ着たらええだけヤン。

2009/10/30(金) 12:51:00 | URL | [ 編集]

US万次郎(タイ次郎)

『Re: ふ~ん。』

かえるさん いらっしゃいませ!

> そうなんだ。
> ケルト民族からの習慣って納得な感じです。

ケルト民族の伝統なんていったら、「歴史と伝統と古いもの」コンプレックスの北米人がいかにも喜びそうなポイントですよね。(笑)

> ちょっと日本のお盆ぽいのかと思ったら、体を持っていかれるとはかなり違う習慣だね。

私も、お盆みたいだと思ってました。
日本とは、死者に対する捉え方が全然違うのがよく分かりますねぇ。


> 夜なべしてコスチューム作ったのも今は昔…、いつかケロヨンになりたい…かも。←Tシャツ着たらええだけヤン。

では、「いつか」といわず、明日ケロヨンになりましょう!(笑)v-218

2009/10/30(金) 15:06:53 | URL | [ 編集]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
http://usmanjiro.blog72.fc2.com/tb.php/113-707da320
 |  HOME  | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。