スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

無断転載禁止 引用時には出典を明記の上、記事に直接リンクを張って下さい。
詳細はお問合せ下さい。
Copyright(C) Doughnuts.JP, US万次郎. 2009-2011. All Rights Reserved.

--/--/--(--) | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

★ 正しい小麦粉の選び方 <3>

 「Self-rising」と書いてある小麦粉を見た事がありますか?

 Self-rising の小麦粉は、Baking powder と塩があらかじめ混ぜてあるので、普通の小麦粉だと思って水やミルクを入れて加熱したりするとブクブク泡がでてきて膨らんできてしまいます。 あら、ビックリ!

 パンケーキのように生地をふっくらさせたいお菓子や料理に使う粉です。パンも、イーストを使って発酵させる代わりにSelf-rising の粉を使って焼いたりするようですよ。


 アメリカのお料理レシピにはSelf-rising の小麦粉を使ったものがよくありますが、普通のall-Purpose の小麦粉で代用するには、all-Purpose1カップ(240cc) に、小さじ1杯半のBaking powder と塩を小さじ1/2を加えます。


 イーストやベーキングパウダーと普通の小麦粉を使ったレシピにSelf-rising flour を使うなら、ベーキングパウダーと塩は既にSelf-rising flourに入っていますから、ベーキングパウダー(またはイースト)と塩を抜いて作ってみて下さい。



☆ アメリカのパンは不味いと思われる方はかなり多いと思います。私もこの意見には大いに同意しちゃいます。だって、店で売っているパンもそうですが、ベーカリーに行っても酵母の香りがしないお店が多いんですよぉ。

 何故だろうと思っていたら、なるほど、パンを膨らませるのに酵母じゃなくてBaking Powderを使っているんですね。ちゃんと酵母を使ったベーカリーを見つけるまでは、週末ごとに一週間分のパンを自宅で焼いてました。(;_;)



にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ ← 今日もポチッとクリックありがとう!
にほんブログ村



無断転載禁止 引用時には出典を明記の上、記事に直接リンクを張って下さい。
詳細はお問合せ下さい。
Copyright(C) Doughnuts.JP, US万次郎. 2009-2011. All Rights Reserved.

2009/11/05(木) | 食生活 | トラックバック(0) | コメント(0)

«  |  HOME  |  »

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
http://usmanjiro.blog72.fc2.com/tb.php/116-221b0c3a
 |  HOME  | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。