スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

無断転載禁止 引用時には出典を明記の上、記事に直接リンクを張って下さい。
詳細はお問合せ下さい。
Copyright(C) Doughnuts.JP, US万次郎. 2009-2011. All Rights Reserved.

--/--/--(--) | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

★ インフルエンザが恐いこの冬は特に!!  乾燥にご注意!

 寒い季節。暖房を入れると部屋の空気が乾燥します。冬にあまり降水がない地域はもちろん、たとえ外が雪や雨で水分がタップリあるようでも、暖房を効かせるとどうしても室内の空気は乾燥してしまいます。

 のどや肌が敏感な方、そして特に小さなお子さんには乾燥は大敵ですよね。空気が乾燥していると、インフルエンザウイルスにも感染しやすくなるそうです。


 のどや肌のトラブルには、とにかく室内の湿度を上げるのが効果的です。加湿器(humidifier)は、ドラッグストアやdepartment store の家電売り場などで手に入ります。

 加湿器に使う水は水道水でもよいのですが、カビや細菌が繁殖したり、水質が悪い所では部屋中に白い細かい粉が降り積もることになります。それが嫌な方は、フィルターを通した水やスーパーなどで蒸留水(distilled water)を買って使うといいでしょう。

 わざわざ加湿器など使わなくても、お風呂に入った後に、バスルームに籠もった湿り気を居室の方に開放するのも手軽で経済的かもしれません。換気扇で湿った温かい空気を外に出しちゃうなんて、もったいない!


☆ 乾燥だけじゃないですよ。

 底冷えする夜に、暖房を入れても今ひとつ温かくなりきらないと思ったら、お湯を沸かすか加湿器を使うかして部屋の湿度を上げてみて下さい。暖房の設定を変えなくても、室温は同じでも、体感温度ではかなり温かく感じますよ。

 それから、意外かもしれませんけど、過剰暖房と乾燥のせいで寝ている間などに脱水症状を起こすことも結構あります。汗はあまりかかない季節でウッカリしがちですが、意識的に十分な水分を取るように心がけましょうね。


にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ ← 今日もポチッとクリックありがとう!
にほんブログ村


無断転載禁止 引用時には出典を明記の上、記事に直接リンクを張って下さい。
詳細はお問合せ下さい。
Copyright(C) Doughnuts.JP, US万次郎. 2009-2011. All Rights Reserved.

2009/11/13(金) | 医療・健康 | トラックバック(0) | コメント(0)

«  |  HOME  |  »

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
http://usmanjiro.blog72.fc2.com/tb.php/130-44adc7c4
 |  HOME  | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。