スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

無断転載禁止 引用時には出典を明記の上、記事に直接リンクを張って下さい。
詳細はお問合せ下さい。
Copyright(C) Doughnuts.JP, US万次郎. 2009-2011. All Rights Reserved.

--/--/--(--) | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

★ 原爆の意味

 原爆と言えば、日本人であれば程度の差こそあれだれもが戦争の悲惨さや平和への思い、核兵器廃絶といった強い感情を伴った反応を示すでしょう。アメリカ人はどうでしょう?恐らくアメリカ人にとっての原爆は、日本の降伏、そして第二次世界大戦終結を導いた会心の一撃、といった解釈が大多数ではないでしょうか?

 アメリカの教育の場でもそのように教えられます。また、原爆投下50周年であった1995年、USPS(米国郵政公社)がキノコ雲のデザインに「Atomic bombs hasten war`s end, August 1945」(原爆投下が戦争終結を早めた)の一言を加えた切手を発行しようとした事件(日本の反対により、発行計画は破棄)は、日米間の認識の違いを浮き彫りにしました。

 一方でアメリカ国内にも、連邦政府や軍関係者、一部の議員の原爆投下を肯定する姿勢に疑念を持ち、強く反発する人達が少なからずいます。原爆切手発行問題へも、アメリカ国内から激しい反対運動が起こったことを忘れてはいけません。ここでもアメリカ人の多様性は健在です。

 おそらく、「原爆投下が戦争終結を早めた」と考える人は、現実の原爆がいかなるものか想像したことがないのでしょう。人の考えを変えるのは簡単なことではありません。でも、私たち日本人には、原爆がいかに非人道的なものであるかを考えてもらうきっかけは作れるのではないでしょうか?できれば感情論抜きで…。


☆ 数年前に私が参加したあるアメリカの観光ツアーで、アメリカ人のガイドさんは"日本の降伏のきっかけになった"キノコ雲の写真を示し、続いてこの大戦で親を失ったアメリカの子供の人数を引用しました。それを聞いて、当時ろくに英語が話せなかった私は、「けしからんっ!」と唇をきつくかむことしかできなかったのですが、今だったら何とコメントするでしょう…。

 戦後60余年経った今でも、戦争も戦後も知らない自分にも、感情抜きで語るのが難しいことがあるのだと実感しました。 



にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ ← 今日も元気にクリック1回!
にほんブログ村

無断転載禁止 引用時には出典を明記の上、記事に直接リンクを張って下さい。
詳細はお問合せ下さい。
Copyright(C) Doughnuts.JP, US万次郎. 2009-2011. All Rights Reserved.

2009/08/08(土) | アメリカを知る | トラックバック(0) | コメント(0)

«  |  HOME  |  »

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
http://usmanjiro.blog72.fc2.com/tb.php/14-bf24e328
 |  HOME  | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。