スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

無断転載禁止 引用時には出典を明記の上、記事に直接リンクを張って下さい。
詳細はお問合せ下さい。
Copyright(C) Doughnuts.JP, US万次郎. 2009-2011. All Rights Reserved.

--/--/--(--) | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

★ 年越しといえば.... Auld Lang Syne

 日本の年越しは除夜の鐘ですが、アメリカやイギリスでは「Auld Lang Syne」を皆で歌います。

 タイトルを見て何の歌か分かる人は少ないかもしれませんが、メロディーは誰もが知っている、あの「蛍の光」。

 あれほど有名な歌なのに、英語圏の人でさえ、メロディーは知っているけれど、ちゃんと歌詞を歌えない人が実は結構いるそうですよ。ちょっと歌詞を見てみましょうか。(記事の一番下のリンク先には、日本語訳もあります。)

Auld Lang Syne

Should auld acquaintance be forgot,
and never brought to mind ?
Should auld acquaintance be forgot,
and auld lang syne ?

CHORUS:
For auld lang syne, my jo,
for auld lang syne,
we’ll tak a cup o’ kindness yet,
for auld lang syne.

And surely ye’ll be your pint-stowp !
and surely I’ll be mine !
And we’ll tak a cup o’ kindness yet,
for auld lang syne.

CHORUS

We twa hae run about the braes,
and pu’d the gowans fine ;
But we’ve wander’d mony a weary foot,
sin auld lang syne.

CHORUS

We twa hae paidl’d i' the burn,
frae morning sun till dine ;
But seas between us braid hae roar’d
sin auld lang syne.

CHORUS

And there’s a hand, my trusty fiere !
and gie's a hand o’ thine !
And we’ll tak a right gude-willy waught,
for auld lang syne.

CHORUS



 英語のようではありますが、本当にチンプンカンプンです。それもそのはず。この歌詞はスコットランド英語(Scots またはLallans、Scotch )と呼ばれる、かなりキツイ英語の方言なんです。

 スコットランド、北アイルランド、アイルランド共和国、英国の約150万人がこのScots を使っているそうですが、英語を話す人も、この方言の歌詞を見たり聞いただけでは、よく意味が分からないのだそうです。覚えられないのも無理ないですね。

 こちらは、『標準英語訳』の歌詞
  

Should old acquaintance be forgot,
and never brought to mind ?
Should old acquaintance be forgot,
and old lang syne ?

CHORUS:
For auld lang syne, my dear,
for auld lang syne,
we'll take a cup of kindness yet,
for auld lang syne.
And surely you’ll buy your pint cup !
and surely I’ll buy mine !
And we'll take a cup o’ kindness yet,
for auld lang syne.

CHORUS
We two have run about the slopes,
and picked the daisies fine ;
But we’ve wandered many a weary foot,
since auld lang syne.

CHORUS
We two have paddled in the stream,
from morning sun till dine† ;
But seas between us broad have roared
since auld lang syne.

CHORUS
And there’s a hand my trusty friend !
And give us a hand o’ thine !
And we’ll take a right good-will draught,
for auld lang syne.

CHORUS



☆ 「Auld Lang Syne」を標準英語に直訳すると「old long since」となります。もうちょっと分かりやすくすると「times gone by」となります。

 歌詞の内容は、再会した旧友と、思い出話に花を咲かせつつ酒を酌み交わす、といったもの。日本の卒業式定番の「蛍の光」とはずいぶん違いますね。

 こちら歌詞の「和訳」と「蛍の光」の知られざる日本語フルコーラス(4番まで)の歌詞です。

 http://www.ffortune.net/calen/xmas/songs/auldlangsyne.htm


にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ ← 「アメリカ情報の人気ブログランキング」へGO!
          お気に入りブログを見つけて下さい。 (^^)
にほんブログ村




  US万次郎「アメリカのアパート検索」
      http://usmanjiro.web.fc2.com/apartments/index.html
       アカウント作って物件検索
        ↓
       入居が決まれば $100 プレゼント!
   US旅次郎「ホテルの検索・予約」
      http://usmanjiro.web.fc2.com/tabijiro/ 



無断転載禁止 引用時には出典を明記の上、記事に直接リンクを張って下さい。
詳細はお問合せ下さい。
Copyright(C) Doughnuts.JP, US万次郎. 2009-2011. All Rights Reserved.

2009/12/29(火) | 祝祭日・イベント | トラックバック(0) | コメント(0)

«  |  HOME  |  »

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
http://usmanjiro.blog72.fc2.com/tb.php/165-c1910bca
 |  HOME  | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。