スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

無断転載禁止 引用時には出典を明記の上、記事に直接リンクを張って下さい。
詳細はお問合せ下さい。
Copyright(C) Doughnuts.JP, US万次郎. 2009-2011. All Rights Reserved.

--/--/--(--) | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

★ 出産への立ち会い

 アメリカでは、出産にお父さんが立ち会うのは当たり前。

 もし何かやむを得ない事情で夫が立ち会えない場合には、奥さんは「どうしても彼の仕事の都合がつかなくて…。」と、愛情や興味がなくて夫が来ないわけではないことを必死に弁解することになります。


 それどころか、これからお兄ちゃんやお姉ちゃんになる子供が弟、妹の誕生に立ち会う事も珍しくありません。

 赤ちゃんの誕生に立ち会う子供達は、病院が設ける教室でお産について勉強しておくことが立ち会いの必要条件です。人形や絵などを使ってお母さんにどんなことが起こって、どうやって妹や弟がやって来るのかを予習するのです。

 たとえ3、4歳の子供であっても対応に手を抜かず、ちゃんと説明するアメリカらしい一面です。


☆ 私がアメリカで出産した時、事前の病院見学の際の看護士さんからの注意はこうでした。

 「いいですか、出産というのはごくプライベートな場なのですから、立ち会う方の人数は最小限に留めて下さい。」

 たまに、親戚や友達が結構な人数集まって、産室がほとんどパーティーみたいな状況になることがあるそうで、このようなご注意が出るとのこと。もしこういう注意をしなかったら、最大何人くらい立ち会っちゃうのでしょうか…。気になります。



にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ ← 「アメリカ情報の人気ブログランキング」へGO!
          お気に入りブログを見つけて下さい。 (^^)
にほんブログ村




  US万次郎「アメリカのアパート検索」
      http://usmanjiro.web.fc2.com/apartments/index.html
       アカウント作って物件検索
        ↓
       入居が決まれば $100 プレゼント!
   US旅次郎「ホテルの検索・予約」
      http://usmanjiro.web.fc2.com/tabijiro/ 





無断転載禁止 引用時には出典を明記の上、記事に直接リンクを張って下さい。
詳細はお問合せ下さい。
Copyright(C) Doughnuts.JP, US万次郎. 2009-2011. All Rights Reserved.

2010/01/20(水) | 育児 | トラックバック(0) | コメント(0)

«  |  HOME  |  »

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
http://usmanjiro.blog72.fc2.com/tb.php/192-0a0d116c
 |  HOME  | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。