スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

無断転載禁止 引用時には出典を明記の上、記事に直接リンクを張って下さい。
詳細はお問合せ下さい。
Copyright(C) Doughnuts.JP, US万次郎. 2009-2011. All Rights Reserved.

--/--/--(--) | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

★ トルネードはどこで起こる?

 トルネードはアメリカ全土、どの州のどの地域にも起こりえる気象災害です。しかし、その頻度は地域によってかなりの差があります。

 トルネード発生マップ
 http://image.weather.com/web/encyclopedia/charts/lg_tornado_map.gif

 ↑ 赤い色が濃い地域ほど、トルネードのリスクが高い地域です。色が付いていない地域も、トルネードが発生しないわけではないですよ! 油断は禁物です。


 トルネードが発生しやすい地域は、中西部、南東部、南西部の各地域。

 最もリスクが高い州は、アラバマ州、アーカンソー州、フロリダ州、ジョージア州、イリノイ州、インディアナ州、アイオワ州、カンザス州、ルイジアナ州、ミシシッピー州、ネブラスカ州、オクラホマ州、サウスダコタ州、テキサス州です。


 特にトルネードが頻発することで有名な、ミズーリ州南部を中心とする半径800kmの地域は「Tornado belt」、また、オクラホマ州Lawton からテキサス州Wichita Falls の間の地域は「The Tornado Alley」(トルネード横町)と呼ばれています。


☆ 近年は、日本でも竜巻の被害があって竜巻に対する警戒意識が高まってきたと思います。では、いざという時にどうしたらいいのか?明日は、旅する人も暮らす人も、これだけは覚えておきたい避難のポイントをまとめます。



にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ ← お気に召したら、ポチッとクリックお願いしますね!(^^)
にほんブログ村




  US万次郎「アメリカのアパート検索」
      http://usmanjiro.web.fc2.com/apartments/index.html
       アカウント作って物件検索
        ↓
       入居が決まれば $100 プレゼント!
   US旅次郎「ホテルの検索・予約」
      http://usmanjiro.web.fc2.com/tabijiro/ 





無断転載禁止 引用時には出典を明記の上、記事に直接リンクを張って下さい。
詳細はお問合せ下さい。
Copyright(C) Doughnuts.JP, US万次郎. 2009-2011. All Rights Reserved.

2010/02/10(水) | 季節・気候 | トラックバック(0) | コメント(0)

«  |  HOME  |  »

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
http://usmanjiro.blog72.fc2.com/tb.php/205-d0e7db07
 |  HOME  | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。