スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

無断転載禁止 引用時には出典を明記の上、記事に直接リンクを張って下さい。
詳細はお問合せ下さい。
Copyright(C) Doughnuts.JP, US万次郎. 2009-2011. All Rights Reserved.

--/--/--(--) | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

★ 生卵、食べますか? それとも...

 鶏卵に関連して、

「アメリカの卵は生たまごとしては食べられない、と聞いていますがホントのところはどうしてでしょうか。またどうしてそのように言われているのでしょうか。」

とコメントにご質問を頂きました。
   nbkさん、有難うございます! (^^)/


 FAQなのですが、日本の状況も踏まえた納得のいく説明が意外と世の中にないようですので、ちょっとまとめておきたいと思います。



 俗に、「アメリカの生卵は食べるな!」といわれるのは、サルモネラ菌による食中毒を警戒してのことです。

 サルモネラ菌に感染した鶏が産んだ卵は、殻の表面にサルモネラ菌がついているそうでして、例えば、そんなサルモネラ菌付きの卵の殻にヒビが入っていたり、古くなった場合には、卵の中で菌が繁殖してしまう恐れがあります。サルモネラ菌が繁殖しても、しっかり加熱して食べれば菌が死滅して食中毒は免れますが、加熱が不十分だと食中毒で酷い目に遭う、というわけです。

 そこで、食中毒防止のために卵は十分加熱して食べるように、また、卵や卵液に触れた後には丁寧に手を洗うように当局が指導しているんですね。

 もっとも、全米レベルで見ると 
アメリカの卵のサルモネラ汚染率は0.005%(2万個に1個) だそうです。
(地域によっても多少差があります。)

(ごく単純に計算して、もし生卵や半熟卵を1個ずつ、毎日、365日食べ続けるとすると、1年間で50ー60人に1人程度が食中毒になる危険にさらされる、という確率です。複数個の卵をまとめて溶いて使ったとしたら、確率はもっと上がるかもしれません。)


 では、日本の卵なら安全なのかというと......、実はあまり知られていませんが、日本だっておなじくらいの割合でサルモネラに汚染された卵が存在するそうですよ。

 しかし、日本の場合、生卵を食べる習慣が根強くあることもあって、生卵を全面禁止というわけにもいかないですよね? そこで、サルモネラ菌が増えずに生で安全に食べられる期間の目安 として2週間程度の「賞味期限」を設定しています(加熱して食べるなら、賞味期限が切れた後も、保存状態が良ければ、さらに1ヶ月くらいは安全とされています)。


 一方、お役所的には、アメリカは最初から生で食べるという前提自体がないわけですから(欧米にも生卵を使う料理は元来あるんですけどね、FDAは推奨していません)、生で食べられるという期間は設定せずに、加熱して安全に食べられる期限だけを「Sell by .....」(販売期限)の日付で表示しているんですね。


 そういうわけですので、
アメリカの卵を生で食べると必ずや食中毒になる、というわけではありませんが、一定のリスクがあるので推奨されていない、
ということです。

 100%安全と言うことはできませんが、100%危険というわけではない。白とも黒とも言い切れない、このグレーな状態を大人の感覚でご理解いただけると嬉しいです。

 (ちなみに、私は、半熟卵も食べれば、生卵を加熱せずに口にすることもあります。ご参考まで。)



☆ え~~~っと。 上の解説で「なんだか、複雑でよく分からないやぁ」と言う方は、単純に、生卵は召し上がらないようになさるといいです。

 で、常識的にお分かりとは思いますが、上記は生卵や半熟卵を食べることを推奨するものではありません。「どうしても、アメリカでたまかけご飯が食べたい~!」という方は、ご自分で判断してくださいね。万が一(文字通り、万が一の確率!)、下痢したり吐いたりしても、私のせいにはしないで下さい。責任は負いません。念のため。



にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ ← 役に立ったぁ~! と思った方は、ポチッとクリックお願いしますね!(^^)
にほんブログ村




  US万次郎「アメリカのアパート検索」
      http://usmanjiro.web.fc2.com/apartments/index.html
       アカウント作って物件検索
        ↓
       入居が決まれば $100 プレゼント!
   US旅次郎「ホテルの検索・予約」
      http://usmanjiro.web.fc2.com/tabijiro/ 



無断転載禁止 引用時には出典を明記の上、記事に直接リンクを張って下さい。
詳細はお問合せ下さい。
Copyright(C) Doughnuts.JP, US万次郎. 2009-2011. All Rights Reserved.

2010/04/20(火) | 食生活 | トラックバック(0) | コメント(2)

«  |  HOME  |  »

かえる

『たまご。』

生卵、私は食べません。 苦手だから。
すき焼きも生卵では食べた事がありません。
でも、人が食べるのを見るとおいしそうなので挑戦したいとは思っています。← いや、そらあかんやろ。自分も卵を産んだ身としては慎んだ方がええ…、きっとそうね。
カナダでも皆さん卵がけご飯の誘惑に負けて恐る恐る食しておられる様ですが、卵にあたった話はあまり聞きません。
ラッキーなのかもしれないけど、だいたい大丈夫なんじゃな~い。 この前Food Safe の試験を受けたらサルモネラ菌が出てました。 英語では何のこっちゃだったのですが、テストでは日本語で受けられたのでサルモネが判明したわけです。
そんな菌に負けてられるか、小野田さんが生き延びられたんだから少々の菌には打ち勝ちましょうぞ。
そう言いながら、つぼカビ菌に負けてしまうかえるでした…。

2010/04/20(火) 21:08:06 | URL | [ 編集]

万次郎

『Re: たまご。』

最近は、夜、窓を開けると遠くからご同胞の声が盛んに聞こえます。春ですね~。(^^)

サルモネラ様は、加熱で一網打尽にできるから、ある意味タチが良いですね。場所構わず元気に増殖されるのには困るけど。ブドウ球菌様のエンテロトキシンなんぞは、加熱してもなくならないのでねぇ。

書いているだけで、お腹が痛くなってきました。 お腹がすいているのかもしれません。こんなときには、余りご飯で「たまかけご飯」がいいなぁ、やっぱり。

....そうですね、ツボカビにはお気をつけあそばせ。
ところで、昔、カエルの研究をしていた早稲田の先生が、「冷蔵庫でカエル様を冬眠させるときには、時々、とりだしてジャブジャブ洗って肌の粘液を綺麗にしてやらないと、病気になっちゃうんだよねぇ~」と仰っていましたが、やはりお肌の手入れは健康に大切ですよね。

それでは、  あらあらかしこ

2010/04/21(水) 05:09:29 | URL | [ 編集]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
http://usmanjiro.blog72.fc2.com/tb.php/252-64073075
 |  HOME  | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。