スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

無断転載禁止 引用時には出典を明記の上、記事に直接リンクを張って下さい。
詳細はお問合せ下さい。
Copyright(C) Doughnuts.JP, US万次郎. 2009-2011. All Rights Reserved.

--/--/--(--) | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

★ アメリカの公用語は?

 アメリカの公用語は何語でしょう?

 英語だと思います? 

 正解は、「アメリカ連邦政府では公用語を定めていない」です。


 巷に、公用語は英語だと書いてあるものもよく目にしますけどね、正式には指定はされていないんですよ。ええ。もちろん、事実上、一番使われているのは英語ですけれど。


 でもですね、州単位では事情が違います。英語を州の公用語と定めている州が次第に増えていて、今ではアメリカ50州のうち30州が英語を州の公用語と定めています。

 また、4州(ニューメキシコ、ハワイ、ルイジアナ、メイン)では、英語のほかに、それぞれスペイン語、ハワイ語、フランス語が行政上の第2の公用語とされています(ハワイは州法で規定。他3州では事実上の第二言語として使用)



 アメリカ政府にしても、英語をアメリカの公用語を英語とする法案が1996年に下院を通り、上院で否決されています。一つの言語を共有して国としての結びつきを強めていくのは、他民族融合の歴史の長いアメリカをもってしても大切な課題です。年々移民が増え続けるなか、移民国家アメリカは苦悩しているようです。


 一方で、文化や言葉の多様性を尊重する動きもあります。かつて移民達は早く「アメリカ人」になることを目指して、子供には英語以外の自分の母国語は教えない事も多かったようですが、今ではそれぞれの文化背景や言葉をもっと大切にしようという意識が浸透してきているよう日々感じます。



☆ 人それぞれ、違う文化背景や習慣があって、みな違う考えを持っているけど、他の人と違うのは素敵なこと。その違いを認めて互いを尊重しながら、多様性を内包したまま皆一つになることができる。そういう考え方って、素敵じゃないですか? 私が好きなのは、そんなアメリカの姿です。




にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ ← お気に召したら、ポチッとクリックお願いしますね!(^^)
にほんブログ村




  US万次郎「アメリカのアパート検索」
      http://usmanjiro.web.fc2.com/apartments/index.html
       アカウント作って物件検索
        ↓
       入居が決まれば $100 プレゼント!
   US旅次郎「ホテルの検索・予約」
      http://usmanjiro.web.fc2.com/tabijiro/ 






無断転載禁止 引用時には出典を明記の上、記事に直接リンクを張って下さい。
詳細はお問合せ下さい。
Copyright(C) Doughnuts.JP, US万次郎. 2009-2011. All Rights Reserved.

2010/04/28(水) | 言葉 | トラックバック(0) | コメント(2)

«  |  HOME  |  »

ふうてんの旅人

『公用語』

知りませんでした。当然英語だと思っていました。勉強になりました。ありがとうございます。

2010/04/29(木) 01:00:01 | URL | [ 編集]

タイ次郎

『Re: 公用語』

ふうてんの旅人 さん
コメント有難うございます!
アメリカの公用語、規定していないと言うのは意外でもありますが、アメリカらしいところでもありますね。(^^)

2010/04/29(木) 11:11:35 | URL | [ 編集]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
http://usmanjiro.blog72.fc2.com/tb.php/258-114f8006
 |  HOME  | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。