スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

無断転載禁止 引用時には出典を明記の上、記事に直接リンクを張って下さい。
詳細はお問合せ下さい。
Copyright(C) Doughnuts.JP, US万次郎. 2009-2011. All Rights Reserved.

--/--/--(--) | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

★ 大学キャンパス、夜の一人歩き

 この夏や秋の新学期から、留学や研究でアメリカの大学で新生活を始める方も少なからずいらっしゃることでしょう。アメリカ生活を始めたばかりの方にとっては、日々の安全は特に気にかかる問題のはず。


 特に夏が終わって冬に向かう季節は、夕暮れが日増しに早くなります。更に追い打ちをかけて、Daylingt saving time(夏時間)が終われば、夕方はあっという間に暗くなってしまいます。


 そして、暗い時間の一人歩きは、男女を問わず不安と危険がつきものです。大学などに通学、通勤している方は、キャンパス内に 夜間のエスコートサービスがあるかどうか、学内のセキュリティーオフィスのサービスを調べてみましょう。


 エスコートサービスは、キャンパス内の建物の間や、駐車場まで移動する時など、警備員さんのドアツードアの付き添いを電話で依頼できるというものです。

 ボランティアの学生さんの二人組がエスコートしてくれるという場合もあります。大学によっては、キャンパス周辺の自宅までエスコートしてもらえる場合もあります。

 もちろん、女性だけでなく、男性も利用できます。要チェック!


☆ 日本なら経費とエネルギーの節約の為にせっせと部屋や廊下の電気を消しますが、アメリカの大学など公共の建物は夜通し照明が点いていることが多いです。防犯のためのコストなら惜しくないというわけでしょう。






にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ ← お気に召したら、

にほんブログ村  ポチッとクリックお願いしますね!(^^)/


国産のお肉をガッツリ食べて、日本の畜産を応援しよう!

焼肉パラダイスs
肉通販ショップはじめました! 
¥8,000以上のお買い上げで送料無料!   (^_^) ヤッタァー
普段使いのお肉、焼肉パーティー、お中元にも!





 
 
US万次郎「アメリカのアパート検索」
      http://usmanjiro.web.fc2.com/apartments/index.html;;
       アカウント作って物件検索
        ↓
       入居が決まれば $100 プレゼント!







無断転載禁止 引用時には出典を明記の上、記事に直接リンクを張って下さい。
詳細はお問合せ下さい。
Copyright(C) Doughnuts.JP, US万次郎. 2009-2011. All Rights Reserved.

2010/08/04(水) | 安全 | トラックバック(0) | コメント(4)

«  |  HOME  |  »

ElienPaorn

『そりゃ心強いぃ!』

タイムリーだわ、この話題。
ほんと、安全第一。安心第一。
会社からお家までのエスコートサービスってないかしら・・・
ヨーゼフでもいいんだけど(笑)

2010/08/04(水) 06:25:12 | URL | [ 編集]

けろ

『日本と違うよね~』

このエスコートサービス、独特のものがありますね。

私のいたPhiladelphiaは全米で1・2を争う危険地域とのこと(ホンマかいな・・・)で、大学にはしっかりこのサービスがありました。
各建物への入り口のセキュリティーの厳しさも、日本のそれの比ではありませんでしたし。医学部の建物の中は渡り廊下でだいたいがつながっていたのですが、きっとこういう配慮によるんでしょうかね?建物内もよくガードマンが歩き回ってましたし。
帰りもシャトルバンやバスが走っていたので、非常に便利でしたが、つまりはそれだけ危険と言うことなんでしょうね。

今となっては・・・すっかり平和ボケしてしまいましたよ。

2010/08/04(水) 07:16:16 | URL | [ 編集]

タイ次郎

『Re: そりゃ心強いぃ!』

ElienPaorn さま

貴女のつぶやきで、そういえばこのネタがあったな、と思い出しまして。(^^)

各駅に二人組のエスコートサービスを配置・派遣するサービスを、誰か初めてくれないかしらねぇ。駅から徒歩範囲なら片道・往復エスコートします、ってサービス。

で、ヨーゼフって、あの無言でいきなりカタツムリを食べちゃう、あいつ?(笑)

2010/08/04(水) 10:05:22 | URL | [ 編集]

タイ次郎

『Re: 日本と違うよね~』

けろ  様

> 私のいたPhiladelphiaは全米で1・2を争う危険地域とのこと(ホンマかいな・・・)で、大学にはしっかりこのサービスがありました。

Philadelphiaね! 大学近くの地域の住民層が、かなり「アレ」なんですよね。ちょっと前まで、アメリカ各都市の治安状況や住民分布を調べる仕事をしていたので、Philadelphiaには行ったことが無いのですが、今、頭の中に住民分布の地図が浮かんでます。


> 各建物への入り口のセキュリティーの厳しさも、日本のそれの比ではありませんでしたし。医学部の建物の中は渡り廊下でだいたいがつながっていたのですが、きっとこういう配慮によるんでしょうかね?建物内もよくガードマンが歩き回ってましたし。

たしかに。利便性以外に、セキュリティ上の理由もあったのかもしれませんね。


> 今となっては・・・すっかり平和ボケしてしまいましたよ。

いやいや、日本の現状と違うアメリカのような状況があることを知っているだけでも、意識の上で大きな違いですよ。


バンクーバーは、日本ほどではないにしても、かなり安心して暮らせる街なので、すっかり警戒心が緩んでいます。車で買い物に行っても、駐車場でホールドアップされる可能性を心配・警戒するなんて、頭からとんと抜け落ちてますから。

2010/08/04(水) 10:17:10 | URL | [ 編集]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
http://usmanjiro.blog72.fc2.com/tb.php/327-ccc69316
 |  HOME  | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。