スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

無断転載禁止 引用時には出典を明記の上、記事に直接リンクを張って下さい。
詳細はお問合せ下さい。
Copyright(C) Doughnuts.JP, US万次郎. 2009-2011. All Rights Reserved.

--/--/--(--) | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

★ 手話にだってある「外国語」

 音声言語に日本語や英語、フランス語などがあるように、手話(Sign language)も各国で異なります。

 日本で使われる日本手話はJSL(Japanese Sign Language)、アメリカの手話はASL、イギリスではBSL、フランスではLSFと呼ばれています。


 手話は音声言語をベースに発達したものではないので、例えば同じ英語圏の国だからといって手話も共通ではないそうですよ。手話のASL(米)とBSL(英)は全く異なって、ASLはむしろフランスのLSFの方により近いのですって。

 国際会議などの場で使われる国際手話もあるのですが、それよりもアメリカで使われるASLの方が国際交流の場では広まっているそうです。

 その理由の一つには、ワシントンD.C.にある聴覚障害者のための大学、ギャローデット大学(Gallaudet Univ)に世界中から留学生が集まるからだと言われます。

Gallaudet University http://www.gallaudet.edu/

 ギャローデット大学でのコニュニケーション手段はASLと書記英語。学部入学者のうち聴者は最大5%という制限があります(大学院には制限はありません。)。

 この大学の大学院は手話言語学の研究が盛んで、1960年には手話は音声言語と変わらない独自の文法を持つ独立言語である、というWilliam Stokoe氏の研究が発表され、手話を言語としてとらえる考え方や研究のきっかけになりました。

 また、手話を基本に視覚と触覚を重視する聴覚障害者生活文化を独自の文化、聾文化(Deaf culture)としてとらえる考え方もアメリカで生まれました。Stokoe氏の研究やDef culture の概念が日本の聴覚障害者の教育やコミュニティーに与えた影響も大きいことでしょう。



☆ 日本で手話を学ぶ聴者は多いですが、アメリカでもやはりASLを学ぼうという聴者が沢山います。また、学校の発表会などでサインを使いながら歌を披露、というのも時折みかけますね。興味のある方は、こちらASLのオンライン辞書や無料講座、歌の実演をどうぞ。。。

ASL辞典 http://commtechlab.msu.edu/Sites/aslweb/browser.htm
ASLオンライン講座 http://www.lifeprint.com/asl101/
ASLで歌う... http://www.youtube.com/watch?v=D9J-zV210pQ


にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ ← 「ブログ村」のランキングに参加しています!
1日1クリックしていただけると、嬉しいなぁ~。(^^)/  早速、ポチっ!
にほんブログ村




こちらは日本語で学べる、アメリカの手話のDVD教材。
ロバート先生のアメリカ手話 [DVD]

もちろん、アメリカだったら初級者向けの教科書が沢山!



無断転載禁止 引用時には出典を明記の上、記事に直接リンクを張って下さい。
詳細はお問合せ下さい。
Copyright(C) Doughnuts.JP, US万次郎. 2009-2011. All Rights Reserved.

2009/08/27(木) | アメリカを知る | トラックバック(0) | コメント(3)

«  |  HOME  |  »

okapee

『スラングは?』

色々読ませていただきました。
ブックマークにも登録しましたので以後よろしくお願いいたします。

さて、記事について気になったのですが、手話でもスラングやなまりってありますか?
先日仕事でシンガポールに行ってきましたが、現地の公用語は英語(米語)なのですが、発音が聞き取りにくかったので聞いてみると、シンガポール英語??と訳のわからない回答が返ってきました。
なるほど、世界はいろいろです。
日本人も、RとLの発音は????ですから。

また、楽しませて頂きます。
よろしくです。

2009/08/28(金) 02:12:32 | URL | [ 編集]

US万次郎(タイ次郎)

『Re: スラングは?』

okapeeさん
コメント、そしてブックマークを有難うございます!

う~ん。手話のスラング、興味深いですね。
調べて確認したわけではないのですけど、人と人とが日常的なコミュニケーションで使う以上、方言やスラングは自然と生まれてくるのだろうと思います。

きっと、学校や、親しい仲間内で流行ったり、そのグループでしか通じない手話って、あるのでしょうねぇ。

Singlish は、私自身は聞いたことがないのですが、結構有名ですね。日本人が使う英語も、いっそ「日本訛りの英語」や「間違い」ではなくて「日本で使われている英語」として確立しちゃったら、日本人にとって英語はもっと気楽なものになると思うのですが(笑)。まぁ、無理なんでしょうね。

これからも、どうぞ宜しくお願いします!!

2009/08/28(金) 03:40:48 | URL | [ 編集]

okapee

『japalish??』

お返事ありがとうございます。
okapeeです。

singlishは語尾にsyuとか何か付いています。
あと、シンガポール人は大抵3カ国語を話せるので
うらやましいです。
(英語とマレー語、あとはその人の民族語。シンガポールは、中国系の方が多いので北京語や広東語が多いみたいです。シンガポールは多国籍地帯なので、他にindia、ヒンディ、アラビア(イスラム)など入り乱れています)

まあ、日本でも「関西語」は別言語かもしれませんが。^^;
日本の英語は今度から「japalish」って読んだほうが
いいかも^^。

日本は、今選挙真っ盛りです。
日本の政治家の使っている、「発言明瞭意味不明」も
手話に出来るのかな?

明日の夜は、選挙特番のテレビでつまらないので
ネットで遊ぼうと思います。
子供の夏休みもあとわずか。夏が終わっていきます、、、。

カナダの夏はさわやかそう。

では、また。よろしくです。

2009/08/28(金) 16:29:39 | URL | [ 編集]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
http://usmanjiro.blog72.fc2.com/tb.php/35-6f76f015
 |  HOME  | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。