スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

無断転載禁止 引用時には出典を明記の上、記事に直接リンクを張って下さい。
詳細はお問合せ下さい。
Copyright(C) Doughnuts.JP, US万次郎. 2009-2011. All Rights Reserved.

--/--/--(--) | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

★ Trick or Treat の起源

 仮装した子供たちが "Trick or Treat?" (いたずらか、もてなしか?)と言いながら、お菓子をもらいに家々を巡る習慣はすっかりお馴染みでしょう。

 この習慣は、古代ケルト人の新年前夜の死者の祭り「Samhain」が起源とも言われますが、もうひとつ、19世紀のヨーロッパの "Souling" と呼ばれる習慣もその起源の一つだと考えられています。

 昔のキリスト教徒の間には、全ての死者の霊魂のために祈るキリスト教の記念日である11月2日の諸死者の記念日 (または万聖節、All Souls' Day)に、"Soul cake" の施しを求めて村々を練り歩く習慣がありました。

 Soul cake というのは、小さな干しぶどうの入った四角いパンで、このsoul cake をもらった人は、施しをした人のその年に亡くなった親戚のために祈ると約束するのです。この当時、たとえ赤の他人でも祈る人がいれば、死んだばかりの彷徨える魂を天国に送る手助けになると信じられていたのです。

 Trick or Treater にお菓子を与えるのは、悪霊か魔物のような仮装して騒ぎ回る厄介な連中を追い払うためのもの、というわけでは無かったんですね。(笑)


☆ いよいよ、ハロウィーン当日(31日夜)がやってきました。娘は、今年は「女ドラキュラ」だそうで、ドレスの色に合わせた真っ赤なラメ入りマニキュアまでして、さらに同行するお友達との約束も調い、宿題も済ませて準備万端です。(笑)

 Treck or treater にお菓子をくれる家は、玄関先をハロウィーンのデコレーションで飾って明かりが点いています。もし明かりが消えていたりデコレーションがなければ、その家はハロウィーンをやっていませんから、その家は通り過ぎます。

 夕刻、知らない人の家を子供が訪問するのは危険もありますから、それを嫌う親はかわりに自宅で友達を招いてパーティーをする場合もあるようですし、また、子供が小さい場合は、知り合いの家を車で数件回ってお終いにする場合もあるようですね。交通事故なども多い日ですから、どうぞ、安全にお過ごし下さい。



にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ ← お気に召したら、
にほんブログ村  ポチッとクリックお願いしますね!(^^)/


国産のお肉をガッツリ食べて、日本の畜産を応援しよう!

焼肉パラダイスs
肉通販ショップはじめました! 
¥8,000以上のお買い上げで送料無料!   (^_^) ヤッタァー
普段使いのお肉、焼肉パーティー、お中元にも!



 
 
US万次郎「アメリカのアパート検索」
      http://usmanjiro.web.fc2.com/apartments/index.html;;
       アカウント作って物件検索
        ↓
       入居が決まれば $100 プレゼント!




無断転載禁止 引用時には出典を明記の上、記事に直接リンクを張って下さい。
詳細はお問合せ下さい。
Copyright(C) Doughnuts.JP, US万次郎. 2009-2011. All Rights Reserved.

2010/10/31(日) | 祝祭日・イベント | トラックバック(0) | コメント(4)

«  |  HOME  |  »

『ヴァンパイア』

我が家も2号がヴァンパイアでしたよ(^^)
一昨年と同じ衣装なんですが。
でも、この時期の子供は成長して顔立ちが変わるので、同じ衣装でもイメージが少し変わるのが面白いですね~。

で、爪も赤く塗り、顔も大人っぽい感じに綺麗目にメイクしてパーティーに出かけたのですが、お迎えに行って出てきた娘の顔は何故か白塗。。。
ヴァンパイアではなくキョンシーになっていましたorz

顔に、SpiderやBatのペイントをしてもらっているうちに、エスカレートしたらしいです。
思わず、おでこにお札を貼ろうかと思いましたよ(-_-;)

2010/10/31(日) 07:29:10 | URL | [ 編集]

ブリ

『(〃δ。δ)o_彡 ナルホド』

そんな起源があったんですね。勉強になります(o^∇^o)ノ

うちが在米中は,”手巻きずし” と ”ブリのにぎり寿司” コスチュームを手作りでしたね。
長屋形式のアパートだったので,一気に100軒回れ,お菓子の山となってました。

今の日本はなかなか盛り上がりませんね。
盛り上がっているのは,オトナ達の合コンパーティでしょうか?

2010/11/01(月) 01:32:00 | URL | [ 編集]

れな

『Re: ヴァンパイア』

ゆ さま

> 我が家も2号がヴァンパイアでしたよ(^^)
> 一昨年と同じ衣装なんですが。でも、この時期の子供は成長して顔立ちが変わるので、同じ衣装でもイメージが少し変わるのが面白いですね~。

なるほど~。うちは、昨年と一昨年が同じ衣装で、小道具を変えて魔女→悪魔 とやってました。
やはり、毎年違うテーマで仮装したいようで。

> で、爪も赤く塗り、顔も大人っぽい感じに綺麗目にメイクしてパーティーに出かけたのですが、お迎えに行って出てきた娘の顔は何故か白塗。。。
> ヴァンパイアではなくキョンシーになっていましたorz
>
> 顔に、SpiderやBatのペイントをしてもらっているうちに、エスカレートしたらしいです。
> 思わず、おでこにお札を貼ろうかと思いましたよ(-_-;)

わはっはは、それはっ。。。 アミダラ(スターウォーズ)ではなくキョンシーですか。ま、ご当人達が楽しければね。(^^)

2010/11/01(月) 11:48:11 | URL | [ 編集]

れな

『Re: (〃δ。δ)o_彡 ナルホド』

ブリ 様
いつも、コメント有難うございます!

> うちが在米中は,”手巻きずし” と ”ブリのにぎり寿司” コスチュームを手作りでしたね。
> 長屋形式のアパートだったので,一気に100軒回れ,お菓子の山となってました。

手作りとは素晴らしい。やりますね! うちではコスチュームはウォールマートあたりで選ばせてお手軽に済ませています。ロックがある高層アパートに住んでいるので、お菓子を求める子供たちはウチには来ないです。そして、娘は近所の一軒家を回ってくるので、いつもお菓子は頂くばかり。。。。それにしても、100軒も効率的に回れるとは、なかなか収穫も大きいことでしょうねぇ。うわ~。

> 今の日本はなかなか盛り上がりませんね。
> 盛り上がっているのは,オトナ達の合コンパーティでしょうか?

私が日本に居た頃は、六本木か表参道あたりでアメリカンスクールの子供たちが仮装しているのがとても珍しかったくらいで、一般にはハロウィーンの知名度も低かったのですが、盛り上がりかけるといっても、近頃はずいぶん広まってきた様子ですね。

そうですか、大人の合コンでね。。。 それも楽しそうです。(^^)

2010/11/01(月) 11:55:32 | URL | [ 編集]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
http://usmanjiro.blog72.fc2.com/tb.php/358-977ffba1
 |  HOME  | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。