スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

無断転載禁止 引用時には出典を明記の上、記事に直接リンクを張って下さい。
詳細はお問合せ下さい。
Copyright(C) Doughnuts.JP, US万次郎. 2009-2011. All Rights Reserved.

--/--/--(--) | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

★ TTYとTRS

 お役所の電話番号などを調べてみると、普通の電話番号などと並んで、TTY number というのが書いてあるのを見かけたことはありませんか?これは一体何でしょう?

例)こちらのページの一番下、City hall (市役所)のアドレスのところに、普通の電話番号と並んで、TTY number が書いてあります。
  

 TTYというのは、Text Telephone またはTele-Typewriter のこと。TDD(Telecommunication Device for the Deaf)と呼ばれることもあります。聴覚に障害がある人や音声で話すことができない人にも利用できるようにした電話のことです。

 TTYの写真が見られます。↓
 http://www.marilynelectronics.net/products/text-telephones/index.htm


 TTYは、見た目はまるで小型のラップトップコンピューターです。キーボードと小さなディスプレイがついていて、電話に繋げて使います。

 電話を介してチャットをするような感じで、メッセージをタイプすると先方のTTYのディスプレイにそれが表示される仕組みです。TTYを使うには通話する両サイドにTTYが接続されていなければいけませんから、TTY専用の番号が必要なんですね。


 でも、先方がTTYを導入していないところに電話する必要がある場合だって沢山あります。そんな時にはTRS(Telecommunications Relay Service)を利用します。

 このリレーサービスの番号に電話をすると、オペレーターが音声をTTYにタイプしたり、逆にTTYの通信を読み上げてTTYと音声通話の仲介をしてくれます。年中無休の無料サービスがあります。

 TRSはこんな風に利用できます(動画説明付き)。
TTY-音声通話だけでなく、色々な利用法も紹介されています。
 http://www.relaynewhampshire.com/window_vcotty.htm
(VCO, Voice carry over; HCO, Hearing carry over)



☆ TTYやリレーサービスは子供の頃からの聴覚障害者だけでなく、例えば、加齢が原因で耳がきこえにくくなった方にも利用できる便利なサービスですね。TTYではなくインターネットやウェブカムを利用したリレーサービスもあります。覚えておこうっと。 

 アメリカ旅行に便利なTRSとTTYの電話番号リスト
 http://www.access-able.com/relay.html

 AT&Tのリレーサービス
 http://relayservices.att.com/


 今日の話題は10日ほど前の記事で取り上げた電話番号の話題でちらりと触れていますので、まだご覧になってない方は、そちらも合わせてどうぞ~!

「6-1-1と7-1-1と8-1-1」
 http://usmanjiro.blog72.fc2.com/blog-entry-24.html



にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ ← 今日もクリックありがとう!
にほんブログ村



無断転載禁止 引用時には出典を明記の上、記事に直接リンクを張って下さい。
詳細はお問合せ下さい。
Copyright(C) Doughnuts.JP, US万次郎. 2009-2011. All Rights Reserved.

2009/08/28(金) | 通信・輸送 | トラックバック(0) | コメント(0)

«  |  HOME  |  »

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
http://usmanjiro.blog72.fc2.com/tb.php/36-f3b0eca9
 |  HOME  | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。