スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

無断転載禁止 引用時には出典を明記の上、記事に直接リンクを張って下さい。
詳細はお問合せ下さい。
Copyright(C) Doughnuts.JP, US万次郎. 2009-2011. All Rights Reserved.

--/--/--(--) | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

【エッセイ#41】 「ディマジオの恋」

 首位打者2回、本塁打王2回、打点王2回、そして1941年には56試合連続安打の大記録を残した歴史的メイジャー・リーガー、ジョー・ディマジオ(Joe DiMaggio)。ヤンキースで13年間プレイしたこの年俸10万ドル選手は、1951年に現役を引退しました。そして離婚して独身に戻ったばかりのジョーに、このあと運命的な出会いが待っていたのです。

 アメリカの英雄でありながら派手な生活を嫌い、マスコミに追い回されるのを嫌い、生真面目で内気な性格だったジョーが初めて彼女を目にしたのは、ある新聞記事の写真の中でした。メイジャーリーグの選手たちと一緒に写っていたそのブロンドの女性とぜひとも会ってみたい。ジョーは彼女が誰なのか友達に尋ねてまわり、昔の友達デイビット・マーチが彼女のことをよく知っているとわかるとすぐに紹介してくれないかと頼み込みました。

 女性の名前はノーマ・ジーン・モーテンソン(Norma Jeane Mortenson)。ハリウッドで人気上昇中の新人女優でした。野球にはまったく興味がなく、「ディマジオ」という名前さえも知らなかったそうです。それでもデイビットやほかの友人も一緒なら、ということでジョーに会うことを約束してくれたのです。

 ノーマははじめ、趣味の悪い服を着た、キザでアタマの悪い男がやってくるものと信じこんでいました。野球選手のことが大嫌いだったのです。だから「紳士的で控えめなジョーを見たら、きっと気が変わるかもしれない」とデイビットは思いました。しかし翌日、デイビットがノーマに電話して聞いた感想は「興味ないわ」の一言でした。

 それでもジョーはあきらめずに、毎日のようにノーマに電話をかけ続けました。2週間ほどしてあきらめかけた頃、ようやくノーマからデートの約束をもらうことができたのです。

 「ジョー・ディマジオのデート」はゴシップ紙の最高の標的でした。ふたりは理想的なカップルとして報道され、誰もが羨む関係にみえました。実際、前にも後にも多くの男性とつきあっていたノーマにとって、ジョーはとりわけ頼れる男だったようです。しかしふたりの間には、はじめから問題があったのも事実です。生真面目なジョーは、胸元が大きくあいた服をノーマが着ることがイヤでたまりませんでした。控えめな生活を好む彼でしたが、一方でノーマは、マリリン・モンロー(Marilyn Monroe)という芸名で、ハリウッドから世界的スターへの道を昇り始めていたのです。

 1954年1月、ふたりは結婚しました。そして幸せの絶頂にあったノーマは後に女優としての彼女の人気を絶対的なものにした映画「七年目の浮気」の撮影に入ります。ところがこれが悲劇の始まりでした。マンハッタンの一角で行われた撮影は、映画の宣伝も兼ねて多くの取材陣と見物客が見守っていました。地下鉄の通風口から巻き上がる風に、マリリンのスカートが大きくめくりあがる、あの有名なシーンです。そしてジョーは、この撮影に我慢がならなかったのです。ノーマが性的な見せ物になることに腹を立てていたジョーは、時に彼女に暴力を振るうことさえあったそうです。結局、ふたりは結婚から9ヶ月目で離婚しました。

 そのあとノーマは作家のアーサー・ミラーと結婚しますが、仕事仲間の失脚や流産という辛い経験が続き、薬物に手を出すようになったのです。ハリウッドに戻ってからジョーと仲直りしますが、シナトラやケネディ大統領とのつきあいもあり、やがてアーサーとの夫婦生活も壊れていきました。そして薬物中毒が進み36歳でこの世を去りました。

 身内のいないノーマの葬儀を取り仕切ったのはジョーでした。ケネディやシナトラの関係者は一切寄せ付けず、ひとり棺の前で泣き続けていたそうです。それから20年間、毎週火曜日と土曜日に、ロサンゼルスのウエストウッド・メモリアル・パークにあるノーマの墓前に赤いバラを届け続けました。




「離婚、そして後日談」

 ふたりが離婚したすぐ後、ジョーはノーマにやりなおしを求めていました。ノーマにしても、異常なまでの彼の嫉妬と暴力に嫌気がさしていたとしても、ジョーに対する愛情は変わっていなかったのかもしれません。翌年、問題となった映画「七年目の浮気」の初日、ジョーはノーマを連れ立ってマスコミの前に姿を現しました。それでもふたりの仲は、元へはもどらなかったのです。

 その後、彼らは友人としてのつき合いを再開しています。フロリダやニューヨークに姿を現し、マスコミに互いのことを話しています。しかしノーマは薬物中毒に冒され、政治やマフィア社会の犠牲者となり、ひとり謎の死を遂げました。

 ジョーはそれから25年のあいだ、再婚することはありませんでした。ノーマとの想い出を語ることもなく、彼女の私生活を暴露することもありませんでした。あるとき「インタビューに応じてくれたら5万ドル払う」という雑誌社からのオファーがありましたが、ジョーの答えは変わりませんでした。

 「愛の思い出は、カネでは買えない」



にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ ← お気に召したら、ポチッとクリックお願いしますね!(^^)
にほんブログ村




  US万次郎「アメリカのアパート検索」
      http://usmanjiro.web.fc2.com/apartments/index.html
       アカウント作って物件検索
        ↓
       入居が決まれば $100 プレゼント!




無断転載禁止 引用時には出典を明記の上、記事に直接リンクを張って下さい。
詳細はお問合せ下さい。
Copyright(C) Doughnuts.JP, US万次郎. 2009-2011. All Rights Reserved.

2011/04/17(日) | 【エッセイ】 | トラックバック(0) | コメント(0)

«  |  HOME  |  »

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
http://usmanjiro.blog72.fc2.com/tb.php/365-095a216a
 |  HOME  | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。