スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

無断転載禁止 引用時には出典を明記の上、記事に直接リンクを張って下さい。
詳細はお問合せ下さい。
Copyright(C) Doughnuts.JP, US万次郎. 2009-2011. All Rights Reserved.

--/--/--(--) | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

★ 祖父母のための孫育児指南

 アメリカでは、9月第2日曜日が「Grandparents Day」です。

 核家族化が早くから進むアメリカですが、家族にとってお祖父さんお祖母さんの存在はやはり大きいものです。そして、孫を持つ方にとっても、孫を含めた家族との触れ合いは、新しく、とても大切な経験でもある筈です。

 そこで、お祖父さんやお祖母さんのための特有の話題や情報を提供する、育児指南書や雑誌記事、ウェブサイトなどがほんとうに数多くあります。

 http://www.grandparentsmagazine.net/
 http://www.aarp.org/families/grandparents/
 http://www.grandparenting.org/
 http://grandmommy.com/blog/index.php

リンク集
 http://www.firstgov.gov/Topics/Grandparents.shtml


 例えば、子供の両親と祖父母の間の育児やしつけに対する常識や認識、方法論の食い違いから生じる問題が起こらないように、または、起こってしまった問題をどうやって緩和するかといったアドバイスを取り上げたり、孫との時間を楽しく過ごすためのコツやアイディア、親代わりとして祖父母が孫の面倒を見なければならない特別な事情に焦点を合わせた話題、人生の先輩としてどのように孫にアドバイスするかといった話題も提供されています。

 話題の例: 
  「孫と語るアルコールとドラッグ」
  「喫煙」
  「3世代同居を始めるために」
  「両親が投獄されている孫の育児」
  「死と別離」
  「孫と楽しむゴルフ」
  「初めての孫と祖父母の役割」
  「孫のために選びたい本」
  「障害をもつ孫の育児」
  「養子として迎えられた孫」
  「孫と行く観光」   などなど。。。

 人生の喜怒哀楽がグッと凝縮したような、「親」のための育児の話題よりも一層濃い話題が並びます。


☆ 孫育児とでも言ったらいいでしょうか、Grandparenting なんて言葉もあります。

 自分の子供の育児を既に経験したであろうお祖父さんお祖母さんでも、孫となると少々事情が違います。良きお祖父さんお祖母さんになるための勉強も必要ということなんでしょうね。

 もちろん、時代遅れであると年配者ばかりが一方的に責められ、時代に追いつくよう求められているわけではないんですよ。両親向けの育児の本や雑誌などでも、祖父母の経験と考えを尊重し、好意と努力に感謝しつつ、どのように育児をめぐる問題に折り合いを付けるかについてはよく話題になっています。


にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ ← 我が子のかわいさと比べて、孫のかわいさは全く違うモノだと聞きますが、我が親の娘(つまり、孫)に対する変貌ぶりには、まったく驚かされます。あの厳しかった両親が、孫に対しては甘いの何のって!(笑
今日もポチッとクリックありがとう!
にほんブログ村

無断転載禁止 引用時には出典を明記の上、記事に直接リンクを張って下さい。
詳細はお問合せ下さい。
Copyright(C) Doughnuts.JP, US万次郎. 2009-2011. All Rights Reserved.

2009/09/13(日) | 祝祭日・イベント | トラックバック(0) | コメント(2)

«  |  HOME  |  »

『孫対応』

我が家は四六時中一緒にいるせいか、全く変貌はありません。。。
それどころか、成長と共に、親と同じくらいの勢いで叱ってます(笑)
やっぱり孫って言うのは、遠きにありて想うもの、なんでしょうね~♪
ま、うちの場合は、対2人なので、親は多い方がいいけど。。。(^_^;)

2009/09/16(水) 19:31:29 | URL | [ 編集]

US万次郎(タイ次郎)

『Re: 孫対応』

なるほど~。日常的に一緒に生活しているような場合には、子供も孫も、扱いはあまり激変しないのね~。(笑)

もう、うちなどはほとんど帰国しないので、日本にいる両親(じーじ・ばーば)は、例えばクリスマスに帰国するなんてことになったら、クリスマスツリーも新調するわ、どうやって持ち帰るか頭を抱えたくなるようなプレゼントを用意するは、もう、大変です。(笑)

日本の服がかわいいので、気に入っていると言えば、サイズが合ううちに全部着られないほど服を送ってくれるし。

んもぅ、有り難く甘えさえて貰っています。(^^)

2009/09/16(水) 21:36:08 | URL | [ 編集]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
http://usmanjiro.blog72.fc2.com/tb.php/56-3956b341
 |  HOME  | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。