スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

無断転載禁止 引用時には出典を明記の上、記事に直接リンクを張って下さい。
詳細はお問合せ下さい。
Copyright(C) Doughnuts.JP, US万次郎. 2009-2011. All Rights Reserved.

--/--/--(--) | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

【エッセイ#06】 「UP and DOWN」

 ライト兄弟の初飛行から6年後、材木会社を経営するひとりの若者は生まれて初めて飛行機を見たときの感動から、自ら飛行機を作って商売にすることを決心しました。当時の飛行機の主な材料は木材だったのです。海軍のエンジニアである仲間とふたりで飛行機づくりの勉強をはじめたのですが、まず彼らがやったことは飛行機の操縦を習うことでした。そして1916年、シアトルにある湖の畔にとうとう水上機を完成さます。

 彼の名はウィリアム・ボーイング(William E. Boeing)。はじめて作ったB&W複葉水上機の初飛行テストの日、遅れてきた操縦士を待ちきれずウィリアムは自ら操縦桿を握り初飛行に成功しました。このB&W複葉水上機はそこそこ売れ、Pacific Aero Products Companyという独立した飛行機製造会社が誕生します。会社は翌年、Boeing Airplane Companyと名前を変えますが、飛行機の需要はまだまだ少なく、決して安定した経営ではありませんでした。

 第一次世界大戦が始まると軍隊という大きな顧客に戦闘機が売れ、ボーイング社は一気に大企業へと成長します。しかし戦争が終われば戦闘機も必要ありません。しかも当時のアメリカには飛行機製造会社はいくつもあり、競争も激しかったのです。ウィリアムはもともとは材木会社の経営者、ボーイング社は家具の販売でなんとか生き延びていました。

 1927年、ボーイング社は郵便配達のための飛行機を開発、シカゴー サンフランシスコ間を飛ぶ航空郵便サービスを開始します。このエアメールサービスは大人気で、次第に人も一緒に運ぶようになり、はじめての旅客機を開発、ボーイング社は再び大企業への道を歩み始めます。

 ところが1933年、フランクリン・ルーズベルト(Franklin D. Roosevelt)が大統領になるとボーイング社は再び谷間へと急降下を強いられます。大不況だった当時、一人勝ちに見えたエアメールサービスの不正を解明すべく政府は調査委員会を設立します。ボーイング社は独占禁止法違反とされ、ウィリアム自身は世間から「不正で金持ちになった悪党」というレッテルを貼られてしまいます。

 しかしエアメールサービスの実状は高いリスクと飛行機の維持費などで、決して儲かる商売ではなかったようです。そうした言い訳もほとんどせず、ウィリアムはボーイング社を退社、そのまま実業界から引退しました。51歳のときのことです。一方、ボーイング社は現在のユナイテッド航空を含む3社に分割されてしまいます。

 ボーイング社がふたたび飛び立ったのは、またしても戦争がきっかけでした。第二次世界大戦において軍から大量の注文を受け、B29をはじめとする大型爆撃機を開発しました。戦争が終われば注文がなくなるのは前回同様、7万人以上の社員をリストラして次なる挑戦、ジェット旅客機の開発を始めます。

 まったく勝負の見えないギャンブルだったジェット旅客機の開発は大成功でした。ボーイング707の大量生産を始めると、小型旅客機727や737を開発していきます。なかでも737は世界中から多くの注文があり、現在までに3000機以上を販売、史上最も売れた航空機となりました。そして1960年代後半の巨大プロジェクトから生まれたのが、大型ジェット旅客機ボーイング747。アメリカでは「ワイドボディー」、日本では「ジャンボジェット」という愛称で親しまれています。

 ウィリアム・ボーイングが去った後も、会社は彼の情熱を引き継いでいます。旅客機で大成功を納めると、いよいよ宇宙開発へ乗り出しました。人類を月へ運んだアポロプロジェクトに参加し、軌道衛星や月面車を開発しました。その後も数々の惑星探査計画やスペースシャトルプロジェクトにも技術参加しています。

 ところが経営の方は相変わらずのUP and DOWNが続きます。70年代初頭には5万人規模のリストラもしました。そして砂漠の緑地化計画や風力発電といったエコロジカルなプロジェクトをはじめ、軍事面ではステルスの開発、宇宙では国際スペースステーションの建設、そして旅客機では超音速旅客機の開発を進めながら、今また、あらたな離陸の時を目指しています。




「悪名高き航空会社」

 アメリカのビジネスパーソンに日常生活で嫌いな物を3つ教えてくれと聞いたら、「飛行機」と答える人は少なくないかもしれません。落ちるから?いいえ、トラブルが多いからです。彼らが嫌いなのは、正確には飛行機ではなく「航空会社」です。

 アメリカの人気ニュースキャスターがシリーズ化して特集するくらいに嫌われている航空会社、なにがそんなに悪いのかと言えば・・・ 飛行機が遅れるのはごく普通で、キャンセルされることもある。荷物がなくなる。チェックインに時間がかかりすぎる、乗り継ぎに何時間も待たされる・・・・ などなどです。

 実際、飛行機に乗っているよりも、空港で待っている時間の方が長いのはあたりまえ。テロ後は荷物検査もめんどうくさいし、乗り継ぎもしていないのに手荷物はなくなることも・・・。

 対処法は、出発より2時間以上前に空港に行き、手荷物にはなくなっていい物だけを預け、その日のうちに目的地に到着できないことをあらかじめ覚悟しておく・・・ いやいや、時間が許すのであれば予定の3日前からクルマででかける方が気が楽なんだけど、という方もいるみたいです。




 ★ Websites

Future of Flight Aviation Center & Boeing Tour

 Seattleの郊外、Everettにあるボーイングの工場の'見学ツアー。予約はオンラインで可。

The Boeing Company

 ボーイング社のウェブサイト。

Aerofiles

 ウィリアム・ボーイングが始めて作った水上複葉機B&Wです。下の写真は66年撮影の複製機(レプリカ)です。


にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村

無断転載禁止 引用時には出典を明記の上、記事に直接リンクを張って下さい。
詳細はお問合せ下さい。
Copyright(C) Doughnuts.JP, US万次郎. 2009-2011. All Rights Reserved.

2009/10/31(土) | 【エッセイ】 | トラックバック(0) | コメント(0)

«  |  HOME  |  »

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
http://usmanjiro.blog72.fc2.com/tb.php/74-0af4c870
 |  HOME  | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。