スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

無断転載禁止 引用時には出典を明記の上、記事に直接リンクを張って下さい。
詳細はお問合せ下さい。
Copyright(C) Doughnuts.JP, US万次郎. 2009-2011. All Rights Reserved.

--/--/--(--) | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

★ 暗算いらずのお釣り計算法

 日本人に比べてアメリカ人は暗算が苦手。そんな彼等が計算機なしでおつりを計算する方法はちょっと面白いです。


 例えば、あなたが5ドル45セントの買物をして、20ドル札を差し出したとしましょう。日本だったら、最初におつりがいくらになるか...14ドル55セント...と「計算」してから、その金額分のお金を出してくるわけですよね。


 計算をせずにおつりを揃えるには.....、店員さんはまず始めに支払金額の「5ドル45セント」と言い、次におつりのコインやお札を一つずつ出しながら20ドルまで足していくのです。つまり、こんな風です。


 まず、支払い分の「5ドル45セント」。
  ↓
 そして5セントコインを1つ出して「5ドル50セント」。
  ↓
 クォーター(25セント)を2枚出して「6ドル」。
  ↓
 そして今度は1ドル札を1枚ずつ並べて、「..... 7ドル、8ドル、9ドル、10ドル」。
  ↓
 最後に10ドル札1枚を出して、「20ドル」です。



 ね?これなら暗算はいりません。簡単、簡単!


☆ おつりを出す方も受け取る方も、確認の手間が省けていい方法ですね。これなら私にもできるし~。(笑)

 でも実はね、暗算ができないからこう数える、というわけではないらしいのです。たとえ暗算ができても、こう数える習慣みたいですよ。



 日本だと、例えば、おつりの端数がきっちり50円や500円とか、きりが良くなるように計算してお金を出すのはごく普通のこと。だけど、これをアメリカでやると、計算したこちらの意図がぜんぜん伝わらないようで、お財布から出した細かいコインは怪訝な顔でそのまま無視され、新たなおつりで細かいコインが増えるばかり......。(涙)
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ ← 今日もポチッとクリックありがとう!
にほんブログ村


無断転載禁止 引用時には出典を明記の上、記事に直接リンクを張って下さい。
詳細はお問合せ下さい。
Copyright(C) Doughnuts.JP, US万次郎. 2009-2011. All Rights Reserved.

2009/09/20(日) | 買い物 | トラックバック(0) | コメント(0)

«  |  HOME  |  »

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
http://usmanjiro.blog72.fc2.com/tb.php/75-cf536e4e
 |  HOME  | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。