スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

無断転載禁止 引用時には出典を明記の上、記事に直接リンクを張って下さい。
詳細はお問合せ下さい。
Copyright(C) Doughnuts.JP, US万次郎. 2009-2011. All Rights Reserved.

--/--/--(--) | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

★ 子供と一緒のトイレ事情

 子供の誘拐や虐待などが深刻な問題として広く認識されているアメリカでは、一定年齢以下の子供を保護者など大人の目の届かない状況に置くことは許されません(年齢やルールがどのくらい厳しいかは、州によってかなり違います)。


 そこでちょっと困るのが、大人一人が子供連れで出かける際の出先でのトイレ。親が個室に入っている間や手を離せない間、公共の場に子供だけを放置しておくわけにはいかないのです。

 幼稚園ぐらいまでの子供だったら一緒に個室に入ります。子供が小学生くらいの場合、子供が用を済ませ出てくるまでは親は自分の用事はせずに個室の外できっちり見届けます。

 でもそれじゃぁ、親は自分の用が足せませんよね。


 そんな時に便利なのが、家族用のトイレです。ショッピングモールやアミューズメントパークなどにあります。性別は関係なし。家族全員で入れます。小部屋の中には、トイレの個室が1つか2つ、それに水道やおむつ替え台、時には授乳用の椅子などもありまして、小部屋自体に内側から鍵がかけられるようになっています。これで、プライバシーと安全が確保できます。



☆ 個室に入ったお母さんが、他の個室に入っている子供達に、ずっと声をかけ続けているのを見かけたことがあります。次善策としてはそういう方法も、まぁ、アリなんでしょう。

 時には、個室に同伴したチビちゃんが、お母さんの身支度が済む前にロックを開けてしまって、立ち上がってドアを押さえることさえ出来ないお母さんの絶叫が化粧室内に響きわたるという笑うに笑えないアクシデントも。。。。



にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ ← 今日もポチッとクリックありがとう!
にほんブログ村

無断転載禁止 引用時には出典を明記の上、記事に直接リンクを張って下さい。
詳細はお問合せ下さい。
Copyright(C) Doughnuts.JP, US万次郎. 2009-2011. All Rights Reserved.

2009/09/21(月) | 育児 | トラックバック(0) | コメント(0)

«  |  HOME  |  »

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
http://usmanjiro.blog72.fc2.com/tb.php/76-57837b60
 |  HOME  | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。